ヨモギシートクチコミ。藤原紀香 愛用 よもぎホットシート

ヨモギシートクチコミ

 

礼知美人はよもぎ入りパンティライナーとカイロが合体。
体の芯から温まる・・・ カイロの発熱効果で、骨盤を暖め健康をサポート。
女性におすすめ 清潔感の維持に役立つ「よもぎ」をパットに織り込むことで、女性の健康維持に役立つ。
天然のよもぎが織り込まれたパンティライナー型パットをカイロで蒸すことにより、いつでもどこでもよもぎ蒸しの効果が得られる、携帯版「よもぎ蒸し座浴」セット。

 

つら?い冷えに!
下着に貼るだけ。話題の【骨盤浴】でぬくぬく。
ナプキンに付けて使う新タイプの使い捨てカイロ。しかも漢方成分が配合された特殊ナプキンなので、【よもぎ蒸し座浴】の効果があります。
【よもぎ蒸し座浴とは?】
韓国に伝わる民間療法。裸になってマントをかぶり、穴の空いた椅子に座り、椅子の下にセットしたよもぎなどの漢方を蒸して有効成分を粘膜から吸収し、女性特有の悩みなどにも効果があると言われています。

 

 

 

俗に「女性は子宮でモノを考える」というように 女性の体を心身ともに司っているのが子宮です。 その子宮が冷えている女性が急増しているのをご存じですか?

 

よもぎホットシート
について

 

韓国の長い歴史に浸透している「よもぎ蒸し」。 お嫁さんに子宝を授けるためにも培われてきた風習です。 ※右側のイラストは「よもぎ蒸し」のイメージです。

 

 

 

子宮が位置する骨盤内の血液の循環が悪く滞ると、骨盤内で冷たくなった血液が足先へ送られ、足先でさらに冷えた血液がまた骨盤に戻ってきて骨盤内をいっそう冷やし、結果として”冷たい子宮“が形成されると言われています。
その結果”冷たい子宮“が手足の冷えや婦人系のイヤな症状を引き起こすのです。

 

「低体温」「ダイエットしても効果が出ない」「代謝の衰え」などもこれが原因です。

 

 

 

 

このよもぎホットシート
」は”冷たい子宮“を温めるナプキン型のよもぎ蒸し。

 

よもぎ、ハッカ、川弓、トウキのエキスを沁みこませたナプキンを下からカイロで温めることにより、よもぎ蒸しと同様のパワーが得られるものです。

 

カイロの中にもよもぎエキスがたっぷり含まれているのでよもぎパワーは強力。

 

ナプキンの裏にカイロを当ててショーツに貼って使います。

 

ナプキンの中にが内臓。下からよもぎ入りカイロで温めると身体の芯からじんわりと身体がポカポカに。

 

 

つけていると体がポッカポッカに。1度つけると約6時間温かさが持続します。
1回ごとの使い捨てです。
ナプキンの厚みは従来のものより薄く温度も58度までしか上がらない安全設計。

 

 

 

よもぎホットシートの口コミ
●去年から気になっていたものの、「普通のカイロでもそれなりに暖かいし・・・」と購入せずにいました。今年はとても寒いのと(寒冷地居住)、最近トイレがあまりに近いので送料無料の機会についに購入です。早速使ってみて本当に感動しました!どうして去年から使わなかったんだろう・・・もっとレビューを信頼すべきだった。使って暫くしてからポカポカしてきて「暖か〜い」って感じなんです。あんなに近かったトイレもその日は数えるほどしか行きませんでした。やっぱり冷えていたんだなと実感しました。次はお得な3コセットを買いますよ〜!!

 

●早番勤務が週に三回あり早朝に30分位歩くのもあり購入しました。今までは貼る使い捨てカイロを腰に入って冷え症対策をしていました。が、しかしっ☆よもぎさんを使ったらじんわり下半身が暖かい。腰周りも暖かい。カイロはお蔵入りになりますた!この冬は冷えない女でいられそうです。また、いつも対応が素晴らしいので気持ちよくお買い物出来るので有難いです

 

 

●下半身の冷えに長年悩まされてきました。この商品を見つけてからは、冬の朝はまずヨモギを身に着けて、仕事に出かけます。体の芯から温まる感じで、とても快適に過ごせます。冬の必需品です。下半身の冷えも緩和されて、最近むくみも取れてきたように感じています。今年は母にプレゼントしました。冷えに悩む女性にはお勧めの商品ですよ。

 

●母が冷え性で、歳のせいもあり冬は何度もお手洗いへ通うのがたいへんだというので、今から冬用に、そして真夏でも冷房による冷えの対策としてすすめてみましたが、とてもよろこんでくれた。

 

●昔から冷え性で夏でも足が冷たくなります。さすがに夏はカイロも売ってないし、貼るのもちょっと…という感じだったので、このよもぎシートを知った時は、これだ!と思いました。薄着をしても中からじんわり温かいのですごくいいです。毎日使いたいので、もう少し値段が安かったらな〜と思います。お店の方の対応も大変親切で心まで暖かくなりました!また機会がありましたらよろしくお願いします。

 

その秘密はこちら